FC2ブログ

うっちーの時々かめらまん

たまにしか写真を撮らない「時々かめらまん」。日本とブラジルで時々撮った写真をUPします。ご笑覧いただけると幸いです。

レンジファインダー用35mmレンズ考(2)


レンジファインダー用35mmレンズの与太話、第二回。今回は国産の最近のレンズについて。


2.コニカのヘキサノン
1992年から発売されていたカメラ、「ヘキサー」に搭載されていた6群7枚のレンズを、1996年、ライカLマウントにして発売したのが、ヘキサノン35mmF2。1000本限定発売され、折りからのライカブームに乗って、あっという間に完売したという。今でも手放さない人が多いのか、中古市場ではめったにお目にかからない。後にリコーがGR1のレンズをGR LENS 28mm F2.8として売り出したり、ミノルタがTC-1に搭載した28mmレンズをGロッコールとして発売したり、と、高級コンパクトのレンズをライカLマウントに焼き直すブームに火をつけた立役者である。

2001年、藤澤商会の要請により、ヘキサノン35mmF2と同一の光学系ながらコーティングを改良し、外観をズミクロン第二世代あたりに似せたのが、UCヘキサノン35mmF2。全長26.5mmと極めてコンパクトであり、これがMマウントなら思わず逝ってしまったところである。1000本の限定生産品だが、今でも藤澤商会には新品の在庫があるようだ。


非常にコンパクトで魅力的な外観である。


次に、コニカヘキサーRF用KMマウントのレンズとして2000年に発売されたのが、Mヘキサノン35mmF2 。てっきりヘキサーに搭載されたコンパクトな35mmを焼き直してくるかと思いきや、前面に大きな凹レンズを配した7群8枚の新設計光学系で、全長45.1mmの大柄なレンズだった。非球面を使わずに高性能な描写特性を得ているようだが、なんともこの大きさは自分の用途に合わず残念。

3.コシナのフォクトレンダー
コシナからは、フォクトレンダーブランドで魅力的な35mmレンズが色々と発売されている。

まずは、大口径F1.2のノクトン 35mm F1.2 アスフェリカル。その名の通り、非球面レンズを採用した7群10枚の極めて贅沢な光学系を有し、絞り開放F1.2から驚異的な描写性能を誇る。ライカMマウント互換のVMマウントであり、大きさ、重さをいとわなければ、Mマウントに限らず、一眼レフ用のレンズも含め、大口径35mmレンズの決定版といえる。ただ、490g、フィルター径52mmは、レンジファインダー用レンズとしては極めて大柄であり、自分の用途にはちょっと・・。

次にウルトロン 35mm F1.7 アスフェリカル。非球面レンズを採用し、絞り開放から優れた描写を示すようだ。フィルター径を無理矢理39mmにした外観がちょっと・・。Lマウントだし・・。

カラースコパー 35mm F2.5。フィルムだと絞り開放から十分な描写特性を示すが、デジタルで使うと絞り込んでも周辺の画質はイマイチらしい。フィルムとデジタルで性能差の大きいレンズと言われている。Lマウント型には、オリジナルデザインに加え、パンケーキ型のPタイプもある。加えてVMマウント化し、デザインを一新したP II型が2004年に登場した。全長23mmと極めてコンパクトであり、バヨネットで装着する専用フードも備え、オリジナルに比べ価格は上昇してしまったものの、十分魅力的なレンズである。

結局、カラースコパー 35mm F2.5 P IIを入手した。CLやCLEで使うには非常にコンパクトで使いやすいし、何よりライカ純正なんかよりはるかに格安なのが魅力的だった。



(つづく)




関連記事
  1. 2007/12/08(土) 20:00:00|
  2. カメラ&レンズの話(Mマウント)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<外国語 | ホーム | 明治神宮(後編)>>

コメント

コンパクトさ

おはようございます。
いや、仰るようにノクトン 35mm F1.2 アスフェリカル、
描写になんら不満はないのですが、たしかにこれはデカ
すぎですねえ・・・。アレをつけたままバッグに入れると
それこそD300やF5にズーム付けて入れるのとあまり
変わらないような気がしてきます。そこへ行くとローライ
35RF+ゾナー40mmは非常にコンパクトで、バッグの隅
にすっぽり収まってくれます。なるほどコンパクトなレンズ
はこういう利点があるなあと初めて気づいた次第(汗)
フォクトレンダーのL/Mマウント系はコンパクトなレンズが
多くて、私にとっても今後のレンズ選びでは大きな位置
を占めそうです。
  1. 2007/12/10(月) 10:26:55 |
  2. URL |
  3. fortunati #QMnOeBKU
  4. [ 編集]

コンパクトさ

fortunatiさん
コメントありがとうございます。
最初は、なぜライカファンはレンズの微妙な大きさの違いに拘るのだろうか?
なんて思っていました。レンジファインダーの軽快な撮影感覚を損なわない
ためには、レンズの大きさも重要なポイントのようですね。メインの機材なら
まだ許せるのですが、サブ機となるとちょっと拘りたくなります。
  1. 2007/12/10(月) 23:27:39 |
  2. URL |
  3. うっちー #oBF86JTA
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokidokicameraman.blog19.fc2.com/tb.php/859-e23cab1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

うっちー

カテゴリーツリー

ユーザータグ


最近の記事

最近のコメント

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

07  02  12  11  10  09  06  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター