うっちーの時々かめらまん

たまにしか写真を撮らない「時々かめらまん」。日本とブラジルで時々撮った写真をUPします。ご笑覧いただけると幸いです。

レンジファインダー用21mmレンズ考(1)


昨年は、レンジファインダー用28mmレンズ考(1)(2)(3)、35mmレンズ考(1)(2)(3)などという与太話を記事にしたが、今回は21mmである。


1.ライカ純正レンズ
ライカ純正と言えば、何といってもスーパーアンギュロンである。これは、広角を苦手としていたライツがシュナイダーに供給を依頼したレンズで、最初はスーパーアンギュロン21mmF4であった。1958年のことである。ピントリングはライカ純正と同じ回転方向だが、絞りは逆であり、何か他のカメラ用を流用したのでは、と勘ぐりたくなる。4群9枚の対称型であり、繊細で階調豊かな描写はいまだにファンが多い。レトロフォーカスではないので思いっきり後玉が飛び出していてCLやM5には着かない。M6以降も装着はできるが受光素子を覆うので測光はNGである。M2、M3、M4あたりに着けて楽しむレトロなレンズと言えよう。中古価格は他のライカ純正21mmよりもこなれているが(それでも高い!)、前玉に傷が付いた個体が多いのと、純正フードのIWKOOや12502は、やたら高いのでご注意!

次に登場したのが名玉の誉れ高いシュナイダー製スーパーアンギュロン21mmF3.4。1963年に登場し、1979年までの長きにわたって生産された。1968年ごろシルバーからブラッククロームに変わったが、光学系は同一である。初代F4に比べ光学性能は改善されたが、現代のレンズと比較すると凡庸な感は免れないと思う。ズミクロン35mmF2(8枚玉)同様、神格化されてしまっていると言えるが、いまだにライカの21mmといえばこのスーパーアンギュロン21mmF3.4が代表格である。後玉が飛び出していてCLやM5には着かないのと、M6以降の露光がNGなのも初代F4と同様。ただし、絞りリングの向きはライカ純正レンズと同様になったのと、シリアルナンバー2473251以降は、M5に装着すると受光素子が出てこないようになっていて、測光はできないが装着して撮影することはできる。専用フード12501がやたらカッコいいが、こちらも結構高価。最近サードパーティー製のレプリカフードが登場している。


スーパーアンギュロン 21mm F3.4



1980年になって、やっとライカ製エルマリートM21mmF2.8が登場した。フィルター径60mmのいかにも広角レンズという好ましい風貌で、性能はさすがにスーパーアンギュロンとは一線を画す高性能である。シャープな絵を得ようと思ったらF5.6ぐらいまで絞り込まないといけない、とか、カラーバランスが冷色系と言われているが、現代でも十分通用する描写力を誇る。ちょっと柔らかさの残る好ましい描写のようで、フードを付けるとCLでは距離計窓が塞がってしまうが、それでも欲しいなぁ、と思わせるレンズである。中古価格はスーパーアンギュロン21mmF3.4あたりと同等なのだが、タマ数が少ないせいか、あまり見かけない。

1997年、非球面レンズが採用され、エルマリートM21mmF2.8ASPH.となった。フィルター径は55mm。一段とシャープネスが増しているようで、MTF曲線を見る限り中央部は絞り開放からかなり優れているようだ。めったに見かけない中古もいいお値段で、まあ、高値の花というやつである。


エルマリートM 21mm F2.8 ASPH.



もうひとつ高値の花が2006年のデジタルライカM8と同時に発売されている。トリエルマーM 16-18-21mm F4 ASPH.という焦点距離切替式レンズで、APS-Hサイズの素子を持つライカM8で銀塩換算21-24-28mmの超広角レンズだが、銀塩ライカでも使用可能で、その場合は16-18-21mmという驚異的な超広角レンズとなる。もちろん超高価だし、中古市場でも見たことがない。フィルター径67mm、全長63mmと大柄なレンズで、この一本で色々な超広角シチュエーションに対応したいという特殊用途向けであり、とりあえず21mmクラスを1本欲しい、なんて志の低い人間にはちょっと無縁である。

というわけで、ライカ純正はいずれも高価で、外付けファインダーも購入することを考えると、ちょっと手が出ない存在である。初代エルマリート辺りが狙い目かな、とも思うが、21mmとなるとめったに使わないので、そんなに投資しなくても、という気がする。



(つづく)



関連記事
  1. 2008/03/03(月) 20:00:00|
  2. レンズの話(Mマウント)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<薬師池公園 | ホーム | Elmarit 90mm F2.8試写>>

コメント

21mm!!

こんばんは。
将棋見てたら遅くなってしまいました(笑)
で、21mm特集ですか。いやー先日、うっちーさんに
このエルマリート勧められて調べたんですが、170K
ぐらいでありそうなんですよね。本当にかっこいいん
ですが、やっぱり個人的にはちと高いですね。
というわけで実は先日、ビオゴンの21mm買ってしま
いました(大汗)。日曜日に少しだけ撮ってきたんです
が、ポジなのですぐには作例アップできないんのが・・・。
でもM6にビオゴンと21/24/28ファインダーを付けた
姿はなかなかカッコ良かったです(笑)。また里子の近
況をfarfarsideKさんに知らせるという意味でも、アップ
しようかしらん・・・。
ではでは。
  1. 2008/03/03(月) 14:27:46 |
  2. URL |
  3. fortunati #QMnOeBKU
  4. [ 編集]

こんにちは

このあいだはありがとうございました。
Coolys1さんのところからたどり着きました。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。
拙ブログからリンクさせて頂きました。
  1. 2008/03/04(火) 02:29:24 |
  2. URL |
  3. k0ge #1ysID9Ow
  4. [ 編集]

ビオゴン28mm!

fortunatiさん
コメントありがとうございます。
ビオゴン28mmゲット、おめでとうございます!
いいなぁ、28mmをどうしようかで悩んだまま、思考が
停止しています。
ぜひぜひアップをお願いします。
  1. 2008/03/04(火) 11:04:09 |
  2. URL |
  3. うっちー #oBF86JTA
  4. [ 編集]

ようこそ!

k0geさん
先日はすっかりお世話になり、ありがとうございました。
あこがれのM2初期型に触れて感激でした。
こんな耳学問の記事にコメントいただいて恐縮です。
これからもよろしくお願いいたします。
  1. 2008/03/04(火) 11:07:45 |
  2. URL |
  3. うっちー #oBF86JTA
  4. [ 編集]

スーパーアンギュロン VS ホロゴン

 シュナイダー・クロイツナッハ製のスーパーアンギュロンとても良いです・・・

 絞り開値が4と3.5が有りますが、4の旧い方が、絞りの枚数が多くて巷では
評価が高いようですが、現代のスーパーアンギュロンは絞りの羽が2枚で
ダイヤ形でしょうか?

 25程年前、Mマウントのスーパーアンギュロンは、新品ファインダーセットで
30万円程して、とてもあこがれていました。

 銀座のスキヤカメラの店頭に、中古のホロゴンがあり、そのときの売価も
30万円だったと記憶します。それが、高い時には150万円ほどしました。
 無理しても手に入れておけば良かったと後悔しています。
  1. 2009/05/18(月) 00:48:09 |
  2. URL |
  3. ねこねこ #2kbNzpR6
  4. [ 編集]

ようこそ!

ねこねこさん
はじめまして、コメントありがとうございます。
ホロゴンも昔はスーパーアンギュロンと同じぐらいの値段だったんですね。
今や大変なプレミアムですが、相当なレアものとか・・。まあGマウントの
ホロゴンでも十分楽しめるだろうとは思いますが・・。
  1. 2009/05/18(月) 11:10:45 |
  2. URL |
  3. うっちー #oBF86JTA
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokidokicameraman.blog19.fc2.com/tb.php/942-42689ffc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

うっちー

カテゴリーツリー

ユーザータグ


最近の記事

最近のコメント

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

トリップアドバイザー

アッシジ 口コミ
アッシジ 口コミ オルヴィエート 口コミ
オルヴィエート 口コミ ストックホルム 口コミ
ストックホルム 口コミ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター